上半身から下半身のマッサージへ移行します

ステップ1では、首・肩からはじめて背中~腰と、上半身をマッサージする方法について解説しました。
ここまでで少なくとも10分以上はかけてあげてください。
マッサージする男性にとっては10分は長いですが、マッサージを受ける女性にとっては10分はあっという間。
大切なのは、女性の立場に立って、彼女を心身ともにリラックスした状態にしてあげるためにじっくり時間をかける、ということが大切なのです。
そして、上半身のマッサージがじゅうぶんできた、と納得したら、いよいよ下半身のマッサージにとりかかります。

足と脚のマッサージ

脚のマッサージ

足の裏や足指を触ると、くすぐったいですよね?
この「くすぐったい」と感じる箇所は、全て「性感帯」と言って間違いありません。
同じ箇所を、女性がまだ性的に興奮していない状態で触ると「くすぐったい」と感じ、性的に興奮していると「気持ちいい」と感じるものなのです。
ですから、女性がリラックスして性的な快感を受ける準備が整っていない段階で足をマッサージしても、おそらく「くすぐったいー」とケラケラと笑われる可能性が高いです。
その反応だった場合は、まだ上半身へのマッサージが足りていません。
もう一度ステップ1からやり直して下さい。

また、男性だけでなく女性も、足に対してはフェティシズムを感じるもので、足を触られるのは、女性にとってとてもロマンチックに感じられるものなのです。
足をていねいにマッサージしてあげることで、女性は性的に興奮すると同時に、精神的にも陶酔してきます。この陶酔感はオーガズムには重要な感情なので、じゅうぶん彼女のココロを感じさせてあげて下さい。
特に絶頂未経験者は足先などの愛撫に弱いものです。
そこで、まずは足先をマッサージしてみましょう。
最初は足の指をマッサージします。 1本1本の指を丁寧にもんだり、足指の間に指を一本ずついれて入念にマッサージをほどこしてあげましょう。足指の間の水かきの部分は意外な性感帯なのです。
次に、土踏まずを中心に足裏を両方の親指で指圧していってください。女性はキツイ靴などを履いていたりすることが多いため、足の筋肉が凝り固まっている場合が多いです。両方の親指で、足の裏を内から外へ広げるようにしてマッサージします。
足裏をもみほぐしたら、次第に足首~ふくらはぎへマッサージを移行させます。ふくらはぎをひざ裏まで、丁寧にやさしくもみ上げてください。足裏同様、女性はキツイ靴などを履いているため、男性以上に脚が凝っていることが多いので、もみほぐされると気持ちよく感じるとともに、次第に性器に近づいてきたことにじんわりとした期待感で興奮してくるものなのです。
ちなみに、足裏からふくらはぎまでのマッサージでも10分はかけましょう。

腕と手のマッサージ

腕や手のマッサージには、指の腹だけを使うのではなく、あなたの爪も使ってみましょう。
とはいっても、爪を立てたりするのではありません。腕をまず親指で丁寧にもみほぐし、その合間合間に爪ですうっとなであげるのです。
腕の付け根から二の腕までなげあげて、なで下ろす時は、腕の裏側や側面をそおっと爪でなでおろす。この爪のちょっと硬質な感触が新たな刺激になるのです。
手の指をマッサージするときは、指を一本ずつしゃぶりながら行えば、彼女はとてもエロティックな気持ちになり、性感も一気に高まります。
ポイントは手のひらや指の腹を使うだけのマッサージではなく、手の甲や指の先端、爪など、様々なパーツを使ってマッサージしてあげると、彼女も新鮮な快感を感じることが出来ます。